2017/07/13 (Thu)

庄内支部 刀剣鑑賞会おこなう

7月2日午後1時から致道博物館講座室において庄内支部刀剣鑑賞会がおこなわれました。
新作名刀展が開催中で、刀剣の鑑賞と同時に上林恒平刀匠の実演をみられました。
昨今の刀剣女子というファンがふえたことを実感じます。
上林恒平刀匠実演では刀剣女子の熱心な見学に圧倒され、支部会員も戸惑った模様?

2017/02/21 (Tue)

庄内支部刀剣鑑賞会&新年会

 2月19日午前11時から刀剣鑑賞会18名、参加その後芭蕉を慶応義塾大学先端生命科学研究所内の百間堀に会場を移して新年会を開催しました。
2017年05月16日23時22分32秒

DSC_0526.jpg

2016/11/06 (Sun)

清人碑前祭と刀剣鑑賞

11月6日午後1時から清人とゆかり深い鶴岡市温海温泉旭や旅館において藤原清人碑前祭と刀剣鑑賞会を開催しました。
昭和41年日本美術刀剣保存協会全国大会が温海温泉で開催されその時話題になったのが藤原清人、その5年後に有志を募って温海温泉くまの神社境内に、清人が「師に似たるところ2つあり、酒呑みと銭なしと」と銘した刀にちなみ、その銘を石碑にし、清人を顕彰碑が建立された。江戸の四谷正宗と称された清麿に弟子入りし急逝した師に替わってひとり師の遺族を世話しながら刀債を完済したという人徳と作品を見ながら遺徳を偲びました。午後1時から碑前祭にさきだち、刀剣鑑賞会が、講師に日本美術刀剣保存協会本部の飯田俊久学芸部長をむかえ、藤原清人の刀はじめ来国俊、津田助広、吉光などの鑑賞刀を鑑賞した。
touken116029.jpg

2016/08/28 (Sun)

理事会・刀剣鑑賞会を開催

 8月28日午前10時30分より理事会を開催しました。酒井支部長が、7月25日の日本美術刀剣保存協会の理事会、評議員会において、日刀保会長に就任、微力ですが斯界の発展や次世代の継承につとめると挨拶と報告をいたしました。その経過をふまえて、庄内支部長を辞任する旨理事会に申し出、了承されました。後任に満場一致で酒井忠順理事(致道博物館副館長)を選任、現在の加藤嘉一郎現副支部長に加え、故小野寺 一副支部長の後任には、安藤周一理事を満場一致で選任しました。その後酒井忠順新支部長、安藤周一新副支部長は、就任の挨拶で抱負を話しました。
 午後1時30分から定例刀剣鑑賞会をおこないました。
 午前の理事会で、酒井忠久前支部長の辞任を了承、酒井新支部長、安藤新副支部長が選任されたことが報告されました。酒井前支部長から、日刀保会長就任と支部長退任の挨拶、新支部長。新副支部長から就任の挨拶がありました。
本日の刀剣鑑賞会には、下記6振りを鑑賞、加藤副支部長より、鑑賞刀の大和守安定、長谷部の解説がおこなわれました。
刀 銘 賀州住藤原清光  2尺3寸
刀 銘 加州金澤住松戸善三郎 陀羅尼勝國作之  64,0cm
刀 銘 肥前住播磨守藤原忠國 69,3cm
刀 銘 大和守安定
脇差 無銘 伝長谷部
脇差 銘 出羽大掾藤原國路 寛永拾年正月吉日  1尺3寸1分

touken2881.jpg
touken2882.jpg

2016/06/26 (Sun)

刀剣鑑賞会を開催

 6月26日(日)午後2時から致道博物館の講座室で刀剣鑑賞会を開催しました。
tkan286261.jpg

鑑賞刀は次のとおり、
1号刀 刀 無銘 伝大和当麻 重要刀剣
身幅広く、中鋒の太刀姿は南北朝期の特色ある作り込みです。鍛えは一見して大和物の特色を示し、刃文の出来にもそれと   肯かれるものがあります。地味ですが、地刃が健全で、欠点が無く、当麻の所伝は首肯される。
2号刀 刀 無銘 伝古三原
3号刀 刀 肥前国住近江大拯藤原忠廣
4号刀 短刀 銘 和泉守兼定
5号刀 短刀 銘 兼元
tkan286262.jpg

 また、現在刀剣博物館で開催されています平成28年新作名刀展のご案内と、8月3日から致道博物館で開催されます新作名刀展のポスターと徳川名宝展のリーフレットをお渡ししました。
7月30日から9月25日まで新潟市美術館で開催されます徳川名宝展におきましては、刀剣関係展示は、初公開も含めて、下記の通り(一部変更あるかもしれませんが)、その他いろいろ数々の名宝、まさに眼福です。隣の新潟県ではありますがお見逃しなく。
太刀 銘 宗近村上(東京国立博物館)、
太刀 重要美術品 銘 来国光 附 黒漆打刀拵(東京・徳川記念財団)、
刀 国宝 金象嵌銘 正宗 本阿(花押)(東京・文化庁)、
太刀 国宝 銘 筑州住左(江雪左文字)附 打刀拵、
太刀 国宝 銘 則房 (広島・小松コレクション)、
太刀 重要美術品 銘 国綱(東京・徳川記念財団)、
刀 重要文化財 金象嵌銘 光忠 本阿(花押)(東京国立博物館)、
薙刀 無銘 伝法城寺 (東京・徳川記念財団)、
槍 銘 南無八幡大菩薩(茨城・徳川ミュージアム)、
万字の槍穂(埼玉・光西寺)
tokuga286101.jpg