2016/05/22 (Sun)

平成28年度現代の刀工と刀職ー新作名刀展 8月3日~8月25日

 新作名刀展は本年で62回目を迎えます。本年は、現刀剣博物館で記念すべき最後の展示となります。来年度からは墨田区の新博物館での展示となります。巡回展は下記の通り3ケ所でおこなわれます。現代の刀工・刀職が精魂こめて生み出した、くろがねの美、匠の技をご清鑑ください。

「平成28年新作名刀展ー現代の刀工と刀職」開催にあたり
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・公益財団法人 日本美術刀剣保存協会
 新作名刀展は本年で62回目を迎え、文字通り伝統と格式を備える充実した展覧会として、本協会の主たる事業となっています。さらに昨年からは、高松宮記念賞も再開され、展覧会の重みは年々増しています。
 その結果、本年は作刀・彫金の部のみならず特賞の出ていなかった刀身彫の部においても、特賞が産み出されました。これもひとえに、本展覧会の格式とその格式を信頼し日々の制作活動に勤しんできた各作家の努力の賜と申せましょう。
 その成果を発表するため、これまでも刀剣博物館、山形県の致道博物館、埼玉県の川越市立博物館での巡回展示を行ってまいりました。加えて本年は岐阜県の関鍛冶伝承館での展示が決まり、本展覧会が持つ重要性は日本各地に発信されていくこととなりました。日本の伝統文化の粋である日本刀の「くろがねの美」を、是非まじかで心ゆくまでご堪能ください。最後になりますが、「新作名刀展」開催に御協力くださいました関係各位に衷心より厚くお礼申し上げます。

主催(公財)日本美術刀剣保存教会

(公財)日刀保・刀剣博物館  6月14日(火)~07月24日(日) 
 東京都渋谷区代々木4-25-10
(公財)致道博物館       8月03日(水)~08月25日(木) 
山形県鶴岡市家中新町10-18
川越市立博物館         9月10日(土)~09月25日(日)  
埼玉県川越市郭町2-30-1
関市立関鍛冶伝承館     10月01日(土)~10月23日(日)  
岐阜県関市南春日町9-1
meito5.jpg

ef="http://blog-imgs-96.fc2.com/t/o/u/toukensyonai/28meito32.jpg" target="_blank">28meito32.jpg

2015/04/16 (Thu)

2015年新作名刀展 8月1日(土)~8月20日(木)

2015年度「新作名刀展ー現代の刀工と刀職」のリーフレットができました。
東京会場:
刀剣博物館  東京都渋谷区代々木4-25-10 ℡03-3379-1386  
会期:
平成27年4月28日(火)~6月7日(日)午前10時~午後4時30分月曜休
入館料:一般600円、会員学生以上の団体300円、中学生以下無料
交通:小田急「参宮橋駅」下車、徒歩10分
山形会場:
(公財)致道博物館 鶴岡市家中新町10-18 ℡0235-22-1199
会期:平成27年8月1日(土)~8月20日(木)午前9時~午後5時 無休
入館料:一般700円、学生380円、小中生280円、団体割引有
交通:JR鶴岡駅から車で10分、庄内空港から車で25分
埼玉会場:
川越市立博物館 川越市郭町2-30-1  ℡049ー222-5399
会期:平成27年9月12日(土)~27日(日)午前9時~午後5時 月曜休
入館料:一般200円(160円)、大学生高校生100円(80円)、
小中生無料 *()は20名以上団体
交通:本川越駅または川越駅下車、東武バス札の辻バス停下車徒歩8分

                                 平成27年4月吉日
   開催にあたり
                                             
                     公益財団法人日本美術刀剣保存協会

新作名刀展は、本協会の主要事業の一つとして本年で61回目を迎え、伝統と格式を備えた展覧会であります。その格式と伝統に、本年は更なる重みが加わることとなりました。
高松宮記念賞の再開です。
この栄えある賞は、昭和48年から当時名誉総裁であられた高松宮殿下のお許しを賜り高松宮賞として始まりました。殿下の薨去に伴い、平成18年から高松宮記念賞となり、本年この賞が再開されることによって刀匠達の日々の努力があらためて顕彰されることとなります。
刀匠の登竜門ともいえる本展覧会は、高松宮記念賞の再開により、その意義はさらに明確なものとなりました。その成果を各地へ発信するため、これまでも刀剣博物館、山形県の致道博物館、埼玉県の川越市博物館での巡回展示を行っており、いずれの博物館でも年々充実度を増す展覧会となっています。
本協会では、日本刀という世界に希有な鉄の文化財を守り、その製作技術を保存伝承するための重要事業として、「たたら吹き」を行っております。我が国固有の製鉄法「たたら吹き」は、文化財保護法第147条に定められた選定保存技術としての認定を受けている文字通り世界唯一の技術です。その事業を協会が行うことは、日本文化の一端を守るという社会的付託を課せられていることと同義であります。「新作名刀展」出品作品は、この「たたら吹き」で生産された玉鋼を原料として製作されたものであり、世界でも類い稀なこの事業は、日本刀作刀技術の下支えとしての大きな意義を持つものといえましょう。
協会は、この他、刀職者への教育事業として「刀剣研磨・外装技術発表会」や技術者育成のための各種研修会を行っており、各職方はこういった機会に研鑽に励み、技術錬磨の日々を送っています。副題である「現代の刀工と刀職」は、その職人方の思いに応えるべく付したものです。
日本の伝統技術の粋である日本刀の「くろがねの美」を是非間近で、心ゆくまでご堪能ください。そして今後の「新作名刀展」の一層の発展に向けて、益々のご愛顧とご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
最後になりますが、「新作名刀展」開催に当たりご協力くださいました関係各位に、衷心より厚くお礼申し上げます。

sinsakumeitouten271.jpg
sinsakumeitouten272.jpg

2014/07/31 (Thu)

新作名刀展  8月1日~8月20日

平成26年度現代の刀工と刀職新作名刀展が、6月10日から7月13日まで刀剣博物館で、その後8月1日から8月20日まで当致道博物館で、最後に9月13日から9月28日まで川越市立博物館で開催されます。現代の刀工と刀職の匠の技をご清鑑お楽しみください。
katanasin1.jpg

2013/07/13 (Sat)

平成25年新作名刀展ー刀工と刀職ー

〇ー平成25年現代の刀工と刀職ー 新作名刀展
平成25年6月29日(土)~7月18日(木)
主催:公益財団法人日本美術刀剣保存協会・公益財団法人致道博物館 
共催:山形県・公益財団法人山形県生涯学習文化財団・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
刀工の銘切実演 上林恒平氏(山形県)
                   6月29日(土)午前11時~午後4時
                   7月 7日(日)午前11時~午後4時
                   7月14日(日)午前11時~午後4時
日本美術刀剣保存協会主催平成24年度新作名刀展と平成23年度研磨外装技術発表会に出品の日本刀と刀装具。
katanaten25.jpg

2012/08/18 (Sat)

刀剣展

〇ー平成24年現代の刀工と刀職ー 新作名刀展
主催:(公財)致道博物館・(公財)日本美術刀剣保存協会
共催:山形県・山形県生涯学修文化財団・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
期間:平成24年07月21日(土)~ 08月09日(木)
日本美術刀剣保存協会主催平成23年度新作名刀展と平成22年度研磨外装技術発表会に出品の日本刀と刀装具。
h24ka.jpg
〇平成23年 新作名刀展
主催:致道博物館 
共催:山形県・山形県生涯学習文化財団・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会 
期間:平成23年07月15日(金)~ 08月03日(火)
日本美術刀剣保存協会主催平成23年度新作名刀展と平成22年度研磨外装技術発表会に出品の日本刀と刀装具。
h23ka.jpg

〇 新 作 名 刀 展ー現代の刀工と刀職-
主催:致道博物館 
共催:山形県・山形県生涯学習文化財団・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会
期間:平成22年07月03日(土) ~ 07月22日(木)
日本美術刀剣保存協会主催平成22年度新作名刀展と平成21年度研磨外装技術発表会に出品の日本刀と刀装具。
h22ka.jpg

〇日本名刀展シリーズ 新 作 名 刀 展ー現代の刀工と刀職-
主催:致道博物館 
共催:山形県・山形県生涯学習文化財団・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会
期間:平成21年07月01日(水) ~ 07月20日(月)
日本美術刀剣保存協会主催「新作名刀展」に出品の日本刀と刀装具を展示。
h21ka.jpg


〇日本名刀展シリーズ 山形県指定無形文化財保持者 刀匠・上林恒平作刀展   
主催:致道博物館 
共催:山形県・山形県生涯学習文化財団・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:平成20年05月24日(土) ~ 06月08日(日)
山形市在住上林恒平刀匠(鶴岡市出身)の作刀を展示。
h20ka.jpg

〇日本名刀展シリーズ 歴代月山の名刀      
主催:致道博物館 
共催:山形県・山形県生涯学習文化財団・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:平成19年05月15日(火) ~ 05月30日(水)
南北朝から室町期及び江戸末期から現代に至る月山鍛冶の作刀を展示。日本美術刀剣保存協会庄内支部共催。
h19ka.jpg


〇日本名刀展シリーズ 庄内に伝わる大和・美濃の古刀
主催:致道博物館 
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:平成18年05月09日(火) ~ 05月22日(月)
鎌倉から桃山時代の大和・美濃派の作刀。
h18ka.jpg


〇北海道・東北現代刀匠展
主催:致道博物館 
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:平成17年05月17日(火) ~ 06月02日(木)        
北海道東北在住の刀匠による作刀展、北海道:堀井胤匡・佐々木胤成 青盛:中畑國弘・中畑国光 岩手:山口清房・辻和吉・菅原信吉 宮城:高橋信房・早坂信房・宮城昭守・宮城典真 福島:国島将永
山形:上林恒平・高橋祐哉
h17ka.jpg


〇 日本名刀展シリーズ 庄内ゆかりの刀工と金工  
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:平成16年05月15日(土) ~ 05月28日(金)
南北朝~江戸末期の郷土刀と刀装具。日本美術刀剣保存協会庄内支部共催
h16ka.jpg


〇日本名刀展シリーズ 庄内に伝わる新刀     
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:平成15年05月16日(金) ~ 05月29日(木)         
庄内に伝わる新刀の名品の数々、重要美術品の康継はじめ、虎徹、忠廣。忠吉など28振
h15ka.jpg


〇日本名刀展シリーズ 庄内に伝わる古刀期の名刀  
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:平成14年05月16日(木)  ~ 05月30日(木)
酒井家入部380年記念展。日本美術刀剣保存協会荘内支部共催。酒井家に伝わる国宝の太刀信房太刀真光はじめ、重要文化財の短刀吉光(名物信濃藤四郎)、酒田市本楯の大物忌神社の社宝で重要文化財の太刀・伝三池典太、重要美術品の出羽三山神社の太刀・月山など当地庄内に伝わる数々の名刀を展観いたしました。長い歴史を秘めた名刀美しい姿と高い品格そして国や流派の特徴を持つ鍛錬された鋼の美を御清鑑いただきました。
h14ka.jpg
〇日本名刀展シリーズ 古刀期の山城名刀展    
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:平成13年5月29日(火)~06月12日(火)        
日本名刀展シリーズ第27回展として京を中心に、粟田口派、来一門などに代表される平安時代から室町時代にかけての山城の古刀26振を展示。日本美術刀剣保存協会荘内支部共催。
h13ka.jpg


〇北海道・東北地区現代刀匠展ー今に伝わる鐵の美ー    
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
期間:平成12年09月01日(金)~09月20日(水)
北海道:堀井信秀・堀井胤次・堀井胤匡
青盛:中畑國晄・二唐國吉 岩手:山口清房・菅原信吉 宮城:高橋信房・高橋信次・宮城昭守・宮城典真・早坂信正 山形:上林恒平 福島:藤安将平・國島将永 の現代刀匠の出品による今に伝わる鐵の美、匠の技を展覧。
h12ka2.jpg


〇日本名刀展シリーズ 庄内ゆかりの名刀展    
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:平成12年05月25日(木)  ~06月12日(月)
致道博物館創立50周年記念特別展日本美術刀剣保存協会荘内支部結成50周年も併せて記念する名刀展
h12ka.jpg

〇日本名刀展シリーズ 短刀古今名品展       
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:平成11年05月15日(土) ~05月30日(日)        
古刀から新刀まで各流派の短刀を展示、日本美術刀剣保存協会荘内支部共催

〇日本名刀展シリーズ 備前長船の名刀
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:平成10年05月22日(金)  ~ 06月08日(月)
鎌倉から室町期に活躍した長船派の名刀

〇日本名刀展シリーズ 古備前・一文字名刀展
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:平成09年05月16日(金)~05月29日
平安末期~鎌倉時代の古備前派と一文字派の名刀を出品

〇日本名刀展シリーズ山城の新刀名作展  
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:平成08年05月17日(金)~ 05月30日(木)
桃山から江戸時代の埋忠・堀川・三品一門の名刀を展示。

〇人間国宝・故宮入行平とその一門展  
主催:致道博物館・宮入一門会
共催:山形県・鶴岡市教育委員会
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:平成08年10月04日(金)~ 10月14日(月)
昭和52年逝去された人間国宝宮入行平とその宮入一門展

〇日本名刀展シリーズ伝統を誇る「刀匠・月山」展 
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:平成07年05月12日(金)~05月25日(木)        
南北朝期から室町期、江戸末期から現代に至る月山鍛冶の作刀を展示。

〇日本名刀展シリーズ名刀展ー佐藤寒山先生17回忌追悼ー
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:平成06年04月18日(火)~ 05月05日(金)
国宝「来国俊」「延吉」、重文「政宗」などの名刀20振余を展示   

〇日本名刀展シリーズ「九州新刀」展           
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:平成05年04月13日(火)~04月26日(月)
日本美術刀剣保存協会荘内支部共催。

〇日本名刀展シリーズ「大阪新刀」            
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:平成04年05月19日(火)~ 05月31(日)

〇日本名刀展シリーズ「江戸新刀」            
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:平成03年05月18日(土)~ 05月30日(木) 

〇日本名刀展シリーズ「北陸道の新刀展」
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:平成02年05月18日(金)~ 05月30日(水)
 

〇 日本名刀展シリーズ「北陸の刀工たち」
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:平成元年06月14日(水)~ 06月28日(水)


〇日本名刀展シリーズ「刀装の美」             
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:昭和63年04月22日(金)~ 05月11日(水)
 

〇日本名刀展シリーズ奥州の刀工             
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:昭和61年08月20日(水)~ 09月02日(火)
 

〇新々刀名作展                     
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:昭和59年05月22日(火)~ 06月04日(月)


〇「日本刀に生きる職人たち」              
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:昭和59年10月07日(金)~ 10月26日(水)
佐野美術館提供

〇日本名刀展シリーズ 新刀名作展            
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:昭和57年04月24日(土)~ 05月06日(木)
  

〇日本名刀展シリーズ 刀装の美             
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:昭和56年05月20日(水)~ 06月04日(木)

 
〇上林恒平作刀展 
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:昭和56年11月06日(金)~11月20日(金)
故人間国宝宮入昭平門下、藤島在住

〇日本名刀展シリーズ 九州の刀工
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:昭和55年05月23日(金)~ 06月05日(木)
   

〇日本名刀展シリーズ 日本名刀展
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:昭和54年04月18日(水)~ 05月01日(火)
日本美術刀剣保存協会荘内支部結成30周年記念を記念し、同支部主催による名刀展

〇日本名刀展シリーズ・大和と美濃
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:昭和53年04月22日(土)~ 05月11日(木)   

〇日本名刀展シリーズー正宗とその一門
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:昭和52年04月19日(火)~ 05月08日(日)        

〇名刀展シリーズ 山城物ー粟田口吉光・来国光・国俊ほか
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:昭和51年06月08日(火)~ 06月30日(水)
刀剣博物館ほか出品   

〇 日本名刀展シリーズ 備前長船一門
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:昭和50年04月26日(土)~ 05月15日(木)
刀剣博物館ほか出品   

〇名刀展 古備前・一文字を中心として          
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:昭和49年04月25日(木)~ 05月14日(火)
刀剣博物館ほか出品

〇荘内伝来名刀展                   
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:昭和48年04月17日(火)~ 05月09日(水)
日本美術刀剣保存協会荘内支部結成25周年記念・当地方に伝わる国宝、重文、重美、県文の名刀、その他。

〇幕末の刀匠藤原清人名作展              
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:昭和47年06月07日(水)~ 06月29日(木)
顕彰碑(出身地温海町に)協賛   

〇甲冑と武具                     
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:昭和46年07月29日(木)~ 08月24日(火)

〇日本刀名物展                    
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:昭和45年04月28日(火)~ 05月11日(月)

〇日本名刀展正宗とその門流             
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:昭和44年04月07日(月)~ 04月24日(木)

〇名刀と遺品が語る明治天皇と明治の愛刀家       
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:昭和43年06月08日(土)~ 06月27日(木)

〇 庄内金工名作展                  
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:昭和41年08月24日(水)~ 09月07日(水) 

〇 日本刀装美術展
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:昭和39年04月22日(水)~ 05月06日(水)     
東京国立博物館・地方諸家

〇日本美術刀剣保存協会庄内支部結成15周年記念 日本名刀展                  
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:昭和38年09月28日(土)~10月10日(木)
東京国立博物館・地方諸家

〇目で見る日本刀の歴史展              
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:昭和37年06月07日(木)~ 06月24日(日)
東京国立博物館出品

〇歴史を物語る名刀展                
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会
後援:日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:昭和33年06月12日(木)~ 06月24日(火)      
東京国立博物館出品  

〇 日本武具甲冑展                
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:昭和31年10月20日(土)~11月14日(水)       
東京国立博物館出品・美術刀剣保存協会荘内支部共催。太閤七騎の鎧、本多平八郎の蜻蛉切、加藤清正の片鎌槍など、由緒のある武具甲冑の数々を陳展します。鎧の着用の実演も予定されています

〇美術刀剣展                   
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:昭和30年11月15日(火)~11月20日(日)      
美術刀剣保存協会荘内支部  

〇美術刀剣展                   
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:昭和29年10月上旬中旬

〇美術刀剣展                   
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:昭和28年09月09日(水)~09月16日(水)

〇日本名刀展                   
主催:致道博物館
共催:山形県・鶴岡市教育委員会・日本美術刀剣保存協会庄内支部
後援:日本美術刀剣保存協会
期間:昭和27年07月03日(木)~07月12日(土)