2013/02/14 (Thu)

鍛冶 鐵矢社中が出羽三山神社に太刀を奉納

2月14日10時鍛冶鐵矢社中が出羽三山神社に太刀を奉納、約30名が参加して、セレモニーが行われました。
はじめに鐵矢社中を代表して鐵矢匡生さんが挨拶、
25honog1.jpg

引き続き奉納刀の作者松田次泰刀匠が30分講演、
25honog2.jpg

そして緒方久信宮司が御礼の挨拶をされました。
25honog3.jpg

 鐵矢さんは千葉を中心に数カ所工場がある鋼製建具の設計・製造・施工の会社、文化シャッターの傘下として平成24年再スタート、鶴岡市の誘致進出企業として東北鐵矢工業工場があるご縁もあり今回ご奉納いただきました。
 松田次泰刀匠は千葉在住、北海道生まれ宮入一門の高橋次平師に入門、平成8年日刀保会長賞、寒山賞、薫山賞、高松宮記念賞など受賞平成16年には熱田神宮で奉納鍛錬をされておられます。平成21年無鑑査認定。神社に奉納することは光栄ではあるけれど末永く保存されるので大変緊張、心して鍛錬に励まれたとお話されました。まさに古備前の正恒と見まごう素晴らしい太刀でした。
25honog4078.jpg

 その後雪が降り積もり大変寒いなかで三山神社合祭殿で厳かに奉納神事が行われました。お昼には直会で奉納を祝して懇談いたしました。
25honog5079.jpg