2012/11/12 (Mon)

「刀剣美術11月号」に清人碑前祭掲載

 秋田支部佐藤さんが10月6日鶴岡市温海で開催された碑前祭について投稿された記事が「刀剣美術11月号」に「忠義の刀工 斉藤清人を偲んで」と題して掲載されました。ありがとうございました、
四谷正宗とも称された師匠清麿の突然の死により、師匠の残した刀債の返済と残された家族の面倒をみてあげた清人。江戸では評判になり世人に賞賛されたといいます。清人の作刀のなかに、「名人に似たる処2つあり、酒呑みと銭なしと」と銘したものを拡大して顕彰碑に刻まれています。
秋田県支部からも毎年ご参加いただき御礼申しあげます。桧山先生をお迎えし、本部の鑑賞刀で鑑賞会および解説をしていただきその後祝宴でご挨拶を賜りました。また支部同志の交流と鑑賞会の共催など交流をふかめていくことなど話あいました。今後ともよろしくお願いします。
akito.jpg
なお余談ですが、あつみ温泉の真ん中、熊野神社に碑はありますが、そこには昭和40年頃元日本バラ会会長がデザインしたあつみ温泉バラ園があります。今年鶴岡公園のバラ園の縮小に伴い、鶴岡公園のばらが、250本ばかり移植され充実がはかられております。お立ちよりの節はあわせてごらんください。