2012/11/14 (Wed)

大隅俊平美術館開館おめでとうございます。

刀匠大隅俊平の美術館が平成24年11月18日に開館されますこと誠におめでとうございます。
平成21年逝去された大隅刀匠を偲び、大隅刀匠の作品名刀の数々を鑑賞させていただきたいと思います。
大隅俊平美術館リーフレットにより下記のとおりご紹介します。

刀匠大隅俊平(おおすみとしひら)は、昭和7年太田市にうまれました。昭和27年に長野県坂城町の人間国宝宮入昭平(あきひら)に師事し、作刀技術を学びました。昭和35年太田市に戻り独立し、その後「新作名刀展」において最高位の正宗賞を3度受賞しました。昭和63年には太田市名誉市民に推挙され、平成9年には、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。その作風は、「直刃(すぐは)の大隅」と賞賛され、平成21年に逝去されるまで、直刃一筋に邁進しました。
 「大隅美術館」は、刀匠の作品を常設展示する施設として、平成24年11月に、刀匠が住んでいた母屋を改修して開館いたします。一点のゆるみもない直刃一筋に生きた刀匠の作品をご覧下さい。
展示室1、大隅刀匠の経歴・書籍
展示室2、作刀の道具・制作工程
展示室3、大隅刀匠の作品展示
仕事場  大隅刀匠の作刀の一部を公開
○開館記念講演
「刀匠大隅俊平を語る」講師小林暉昌先生(元日本美術刀剣保存協会常務理事)
平成24年12月2日(日)13:30~
定員50名 往復葉書でお申し込みください。多数の場合は抽選となります。
○ギャラリートーク
大隅俊平弟子
平成24年12月9日8(日)10:00~ 13:00~ (2回)
太田市市立大隅俊平美術館
〒373ー0036 群馬県太田市由良町3051 ℡0276-20ー6855 
以上oosumi.jpg