2013/10/15 (Tue)

荘内藩9代藩主酒井忠徳の刀剣好き

 農政改革を行い、藩校致道館を創設した酒井家中興の祖といわれる9代酒井忠徳は無類の刀好きでそれぞれの所有の刀を借りてみてはその刀について紙札に感想等を書いて所有者に返したことをおこなっていました。
酒井忠徳公の伝えられている話をまとめた「存耳録」三好廉著に刀剣について次のとおり書かれています。

公(酒井忠徳)、深く刀剣を好ませ賜(たま)うと云えることより諸士の家々にて所蔵せる良き刀と聞かせ賜えば必ずお借上げありて、その品により、それぞれに評し賜まい、紙札にお認(したた)めて刀に添えて下げたまうことをお慰めにせられける。また時により当藩士の佩刀をご覧なされしが、あるとき、ご覧在りし藩士の指料に肥前忠廣の作なるを篤(とく)とご覧ありて
ただひろうとても いやなる ひぜん哉
(「忠廣」と「ただで拾う」、「肥前」と「非善」、要するに偽物をつかっませられた)
とお認めて下げをれしに其の持主承服せず、如何に殿様のお目利きなればとて、この刀の切れぬと云うことはなき筈なり。と捨胴に掛けて試(ためし)みしに、はね返りたりとぞ。
かくお引き立てありしかば、ご深慮のごとく諸士及び末々に至るまで、利刀(「良く切れる刀」・「鋭利な刀」の意)を吟味して帯せる風俗になりしとなん。(「存耳録」三好廉著より)
1015sonjiroku092.jpg