2014/09/19 (Fri)

入間市博物館開館20周年おめでとうございます。

入間市博物館開館20周年おめでとうございます。その記念事業として埼玉県刀剣保存協議会と入間市博物館が主催して 「埼玉県名刀展 新刀から現代刀へー受け継がれる日本刀の美」に、鶴岡市松ヶ岡でお茶でお世話になっている入間市博物館黒澤館長さんからお誘いをうけて9月18日行ってきました。大宮から川越にいき、川越の街並を散策しながら、川越博物館でおこなわれている新作名刀展を場所が変わると刀剣の表情もかわるものと思いながら鑑賞、隣の川越美術館も駆け足ながら見てきました。そこから恐縮ながらお迎えをいただいて入間博物館へ、埼玉県刀剣保存協議会の方たちから解説をしていただき、駆け足になりましたが、目貫のコレクション、時代を思いおこさせる人物のフィギュア人形の展示など工夫をこらしている埼玉県名刀展を鑑賞しました。その後剣道七段の田中龍夫入間市長さんにお茶でお世話になっていることの御礼のご挨拶にうかがいました。帰りの車窓からみた入間(狭山茶)の蒼々の茶畑が印象的でした。黒澤館長さん並木さん、今井さんはじめ入間博物館のみなさまおせわになりありがとうございました。
26iruma21.jpg
katanasin1.jpg