2015/06/03 (Wed)

仙台藩刀匠考 佐藤一典著 を贈呈いただきました。

6月2日(公財)日本美術刀剣保存協会佐藤一典理事(宮城支部)から「仙台藩刀匠考」(243頁)佐藤一典著を贈呈いただきました。
有り難うございました。
日本美術刀剣保存協会小野裕会長、宮城県美術刀剣保存協会鈴木俊一会長から序文が寄せられております。小野会長「発刊によせて」には「佐藤一典氏は父佐藤主氏と親子二代にわたる愛刀家であり、当協会の理事の要職にあって宮城県警察に勤務の傍ら、永年故郷に伝わる郷土刀の研究に努めて羅レ手いる。その成果を「仙台藩刀匠考」と題して日本美術刀剣保存協会発行の「刀剣美術」誌に投稿され、平成5年9月号「雙龍子父子の研究」を第一回とし、(平成26年8月号まで)回を重ね23回を数えるにいたっている。(抜粋)」と紹介されています。郷土刀の研究に敬意を表し、厚く御礼申し上げます。
602tohon.jpg