2015/08/11 (Tue)

新作名刀展

 8月1日から20日まで鶴岡市・(公財)致道博物館で開催中の新作名刀展、今年は例年になく若い女性が鑑賞されております。
toukenten811.jpg
いまや若い女性の間では刀剣女子とか、「刀剣乱舞」等のゲームがきっかけで全国で鑑賞されているようです。
下記写真は、話題の三日月宗近、加州清光、和泉守兼定、長曽根虎徹、燭台切光忠のストーリーの漫画。
toukenten8113.jpg
新作名刀展の作品集もとっくに売り切れ、本部にも在庫はないと聞きました。
toukenten8112.jpg
8月20日までありますので、どうぞ刀剣女子はじめ大勢の皆さまのご来館をお待ちいたしております。
 この後は出羽庄内藩酒井家の遺宝展(8月22日~9月28日まで)で、重要文化財藤四郎吉光はじめ刀剣の展示もいたします。最も見どころは、重要文化財見返り元重のお里帰り展示です。昭和61年盗難にあい、了解をだして、昨年大阪のコレクターが苦労されて前所有者から買い上げていただき元重の公開の運びとなりました。(国指定の文化財盗られて知る、時効制度や善意の第三者制度の不条理さ、外国を見習ってほしい。)
 初めての公開はお里である鶴岡で、元所有者故酒井忠明名誉館長も天上で喜ばれていることでしょう。展示はなんと35年ぶりになり、いま文化庁に申請手続き中です。重要文化財の公開期間の制限があり、9月初めからの展示になるとおもいますが、是非ご期待ください。