2015/10/16 (Fri)

山形ゆかりの赤羽刀展

10月16日夕方山形の会合の帰り、上山城でおこなわれている「山形ゆかりの赤羽刀展」を拝見してきました。10月4日から11月8日まで日刀保の山形支部が共催して上山城の多目的ホールで開催されています。10月4日には布施幸一山形支部副支部長の「赤羽刀にみる山形の刀工たち」の演題で講演が行われましたが、都合によりいけなかったのが残念です。
赤羽刀は、戦後連合軍司令部に接収され東京都北区赤羽にあるアメリカ第8軍兵器補給廠に蔵されていたことから称される。日刀保刀剣関係者の尽力により、日本側に引き渡しが許可され、旧所有者が判明した約1100本は返還されたもののその後の返還は進まず、保存対策も問題になっていました。戦後50年をむかえた平成7年に接収刀剣類の処理に関する法律が成立し、国、全国の公立博物館等に無償譲渡され公開活用されることになりました。山形県にもゆかりの赤羽刀があります。今回は山形市最上義光歴史館、米沢市上杉博物館所蔵の赤羽刀が展示されました。


脇差  銘 池田一秀入道龍軒  文政十一年二月日 袁茂政所佩    江戸末期     49.6/0.9(刃長/反り cm)


脇差  銘 一秀           文化十二二月日              江戸末期 40.8/0.7


脇差  銘 清人           元治元年二月日              江戸末期 33.6/0.2


刀    銘 軍勝作                                   室町時代 62.7/2.4


太刀  銘 月山定吉作二月十一日                        室町時代 78.6/2.8


脇差  銘 (三日月)大慶直胤作  文化二年八月日             江戸末期 45.3/0.9


薙刀  銘 荘司美濃介藤原直胤(花押) 嘉永二年二月日(刻印)(宮)  江戸末期 55.2/1.4


刀    銘 水心子正秀         寛政三年八月日            江戸末期 75.6/1.6


刀    銘 国秀              享和二年八月日            江戸後期 71.4/1.6


刀    銘 於東都加藤綱俊造    天保五年八月吉日           江戸後期 70.0/1.7


脇差  銘 加藤長運丈(齋)綱俊   文政十一年八月日           江戸後期 50.5/1.3


刀    銘 羽州米澤住赤間綱信 弘化四年十二月吉日嫡子同姓源直信 江戸後期 69.0/2.2


刀    銘 羽州米澤住赤間綱信 文化十四年五月日於東都鍛之     江戸後期 68.6/2.8


脇差  銘 加藤助太郎綱英 父国秀彫 文化五年四月日           江戸後期 38.2/0.8


水心子正秀肖像画


(露)無外和尚筆


刀装具(拵え、鐔、他)


toukenue.jpg