2016/02/09 (Tue)

米沢支部長就任のご挨拶 をいただきました。

 2月8日付で日本美術刀剣保存協会米沢支部 高橋善兵衛支部長さまより、就任のご挨拶をいただきました。
日頃より米沢支部の活動にご理解ご協力をいただき厚くお礼申し上げます。
さて私、前支部長石塚忠夫の逝去に伴い、平成28年1月31日の臨時総会において選任され、米沢支部長に就任いたしました。今後は伝統ある米沢支部の支部長として、また世界に誇る日本刀を愛する団体のリーダーとして、美術刀剣界の発展と社会貢献に尽力する所存です。
米沢支部は会員14名と小規模な団体ですが、自由な発想のもと、各種団体や個人の相談・要請等に積極的に応じて参ります。
つきましては、美術刀剣・日本刀等についてお困りのことや、「このような時、場合、どうすればよいの?」などなんでも結構ですので下記役員・担当にご連絡・お問い合わせください。また会員も大募集していますので、美術刀剣・日本刀等に興味のある方をご紹介していただきますようお願いいたします。最後に今後とも米沢支部をご支援いただきますようよろしくお願い申し上げます。
支部長   高橋 善兵衛(米沢市)
副支部長  鹿間 友春(米沢市)
事務局   赤木 徹(米沢市)
なおネットなので個人の住所電話番号は個人情報上カットしておりますのでご了承ください。
28katanasin134.jpg
下記は米沢支部さんの 会員大募集と刀剣鑑賞会(平成28年1月31日講師は山形住無鑑査上林恒平刀匠)のリーフレットです。
28katanasin135.jpg
昨年11月開催の米沢ご出身の無鑑査研師柳川清次先生刀剣鑑賞会のご報告、鑑賞については「安全」、鑑賞者の安全、御刀の安全、初心にもどって最も心すべきことであろうと思います。
「昨年開催された「五虎退吉光と姫鶴一文字特別展示で、上杉博物館のご理解をいただき「米沢支部の会員募集チラシを配布、今後も引き続きさまざまな方法で募集活動をつづけてまいりますので、皆様のご協力をお願いいたします。」とありました。庄内支部もがんばりますので米沢支部さんもがんばってください。