2016/10/20 (Thu)

上林刀匠名槍復元に真剣勝負

山形新聞10月20日附に、江戸時代天下三槍「御手杵」山形の刀工に依頼。名槍復元に真剣勝負と記事が掲載されました。
江戸時代に天下三槍とよばれた御手杵を復元しようと山形県指定無形文化財保持者で県内唯一の刀工上林恒平さんが、前橋市に住む個人から依頼を受けて製作している。山形市にも所縁がある結城松平家が引き継いできた名槍。忠実に再現するため、弟子の刀工高橋恒厳さんと共に試行錯誤しながら作業に打ち込んでいる。御手杵は刀身約140cmで茎を含めると215cmの巨大さ。
徳川家康没後400年にあわせて作られたレプリカが今春前橋東照宮に奉納された。名刀を擬人化した人気ゲームのキャラクターにもなっており、刀剣女子も大興奮の名槍だ。レプリカ奉納を知った男性が大太刀を作った経験ある上林さんに依頼した。結城松平家は1644年からあわせて10年間山形藩主だったこともあり山形とはゆかりがある。
一方結城松平家の家宝で大空襲で焼失した名刀・式部正宗の復元の依頼も二人は受けている。依頼主は結城松平家現当主。御手杵制作にめどがつき次第とりかかる。完成は来年になる見込み。
kanba025.jpg