2011/10/26 (Wed)

鍔  白衣観音  船田一琴

船田一琴(文化9年(1812)~文久3年(1863)
(ふなだいっきん)山形県鶴岡市 江戸時代
鍔形状:泥障形(あおりがた)。真鍮地。毛彫、象嵌、土手耳。
    竪2寸9分 横2寸6分5厘 厚さ 1分3厘
1枚
山形県鶴岡市 致道博物館蔵
白衣観音1


--------------------------------------------------------------------------------
 船田一琴は船田寛常(乗雲)の子として生れる。江戸で義父熊谷義信の師熊谷義之に彫金を学び、義之没後、名工後藤一乗に入門、京都で修行に励む。江戸に戻り酒井家5人扶持に給せらる。土屋安親に次ぐ庄内金工と称された。

白衣観音2